Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先が定期券購入申込書1068件を誤廃棄 - 大阪市交通局

大阪市交通局は、定期券販売業務を委託している大阪メトロサービスにおいて、定期券購入申込書の誤廃棄があったことを明らかにした。

誤廃棄が判明したのは、2012年3月に発行された定期券の購入申込書1068件。購入者の氏名、住所、電話番号、年齢、性別などが記載されていた。

9月24日に太子橋今市駅定期券発売所で保管されているはずの購入申込書が所在不明となっていることが判明。これを受けて大阪メトロサービスが調査したところ、9月18日に申込書をすべて裁断処理していたことがわかったという。

同社は、保存期間の確認を怠ったことが原因としており、事務処理や個人情報の適正な取り扱いの徹底など再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2012/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー
小中学校の心電図検診データを紛失、再検査を実施 - 青森県医師会
申請書などを保管期間満了前に誤廃棄 - 港区
住民からの相談記録4000件を紛失、誤廃棄か - 熊本市
20年の保存期間が残存する倉庫関連登録書類を誤廃棄 - 国交省
市営住宅の家賃領収済み通知書を誤廃棄 - 下関市
阪神淡路大震災関連の寄託書類を誤廃棄 - 三菱倉庫
「自動車重量税納付書」を保管期限前に誤廃棄 - 国交省
自動車重量税納付書を誤廃棄 - 国交省