Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性発見されるも連絡取れない開発者98件 - 公表開始後1年で調整再開13件、終了は5件

情報処理推進機構(IPA)とJPCERTコーディネーションセンターは、2012年第3四半期における「連絡不能開発者一覧」の公表状況について発表した。

同一覧は、製品の脆弱性について届け出を受けながらも、連絡が取れず調整が滞っている製品開発者のリスト。脆弱性が放置されることを防止するため、一定期間連絡が取れない製品開発者や具体的な製品について、JVNで公表している。

2012年第3四半期に新規で公表した製品開発者はなく、前四半期同様、98件を公開している。期間中、あらたに連絡を取れた開発者はいなかった。前四半期に「製品開発者名」を2件公表したものの、その後も連絡は取れておらず、「製品情報」を追加で公開している。

2011年9月29日の公表開始から2012年9月27日までの約1年間に調整が再開したのは、13件。そのうち5件で取り扱いが終了した。

(Security NEXT - 2012/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を