Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、「Bizマネージドセキュリティサービス」に標的型攻撃対策を追加

NTTコミュニケーションズは、セキュリティ対策のアウトソーシングサービス「Bizマネージドセキュリティサービス」に、標的型攻撃対策の新機能を追加した。

同サービスは、ウイルス対策や不正アクセス対策、情報漏洩対策、リスクモニタリングなどを、クラウドとオンプレミスが混在する環境にも対応するセキュリティアウトソーシングサービス。今回、標的型攻撃に対応する3種類の新機能を追加した。

「ネットワークプロファイリング」は、ユーザー企業のネットワーク上に設置する機器で通信のセキュリティ監視を行い、不正アクセスやウイルスを検知することが可能。月額利用料は、20万8000円。

さらに「ファイル検査」では通信内容を監視し、メールの添付ファイルやインターネットからダウンロードされたファイルを、隔離された疑似環境で解析、不審な動作がないか確認する。ウェブからダウンロードしたファイルの監視は月額28万500円。メールは59万9000円。

また「DLP」は、情報の持ち出し禁止ポリシーを設定した機器を組織内ネットワーク上に設置。ポリシーに違反する機密ファイルの送信を検出し、通知する。漏洩発生時の追跡調査も支援する。月額利用料は、24万1500円。

(Security NEXT - 2012/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
オージス総研、マルウェアメール受信後の状況報告などを訓練するサービス
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
標的型メール訓練や損害額試算サービスを無償提供 - MS&ADグループ
日立システムズ、制御システムに特化したセキュリティサービス
ファイア・アイ、アカデミック版を期間限定で提供