Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

みずほ銀を装う不審メールに注意 - 問い合わせ約60件、実被害も発生

みずほ銀行は、同行を装ったフィッシング詐欺メールへ注意を呼びかけている。9月25日には不正な取引により被害が発生した。

同行のオンラインバンキングサービス「みずほダイレクト」の契約情報を詐取しようとするフィッシングメールが、不特定多数へ送信されていることから、同行が注意喚起を行ったもの。9月25日には実際に被害が発生したという。

HTMLメールやメール内に記載されたリンク先で、「ID」や「暗証番号」などを詐取する手口で、9月9日から9月26日までに同行へ約60件の問い合わせが寄せられている。

同行では、ウェブサイトや電子署名を添付したメールで利用者へ注意喚起を実施。誤って情報を入力してしまった場合は、同行まで連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員にフィッシング攻撃、個人情報流出の可能性 - NHK
偽メルカリに注意 - 4月23日の「振込申請ルール変更」に便乗
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
ゲームアイテムの購入明細を装うフィッシングに注意
「ゆうちょ銀」の偽サイトに注意 - 「合言葉」など詐取
「LINE」装う時間指定フィッシングが再発 - 攻撃者の始業時間が1時間早まる?
Visaカード発行事業者装うフィッシングに注意
アカウント情報狙う偽「PayPal」に注意 - 短縮URLを悪用
メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット
ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導