Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中国発の攻撃が継続中 - 特別な対策は不要だが日ごろからの対策徹底を

日本IBMのTokyo SOCは、尖閣諸島問題に関連すると見られるサイバー攻撃が引き続き発生しているとして注意を促している。

サイバー攻撃は、中国国内のコミュニティを通じて攻撃が呼びかけられ、9月13日前後より発生。9月中旬にピークを越えたが、19日以降も中国を発信元とする攻撃が引き続き発生しており、通常より攻撃件数が多い状況が継続している。

なかには、執拗な攻撃を行う攻撃元IPも存在するが、不特定多数を対象としており、攻撃内容も普段の攻撃と大きな差は見られないと同社は指摘。今回の攻撃に対する特別な対応は必要なく、日ごろから必要とされるセキュリティ対策をしっかり実施するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米朝首脳会談の影響で韓国に対する攻撃が増加 - 周辺国関連組織が関与か
「セシール」不正ログイン、攻撃リストの顧客ID合致は事前抽出が原因 - 情報流出を否定
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
東京海上日動子会社の代理店に不正アクセス - メールボックス内の個人情報などが流出
キヤノンITS、Clavister製UTMを発売 - IoTへの応用も検討
セシール通販サイトに再度不正ログイン - 7分間に30回の試行