Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中国発の攻撃が継続中 - 特別な対策は不要だが日ごろからの対策徹底を

日本IBMのTokyo SOCは、尖閣諸島問題に関連すると見られるサイバー攻撃が引き続き発生しているとして注意を促している。

サイバー攻撃は、中国国内のコミュニティを通じて攻撃が呼びかけられ、9月13日前後より発生。9月中旬にピークを越えたが、19日以降も中国を発信元とする攻撃が引き続き発生しており、通常より攻撃件数が多い状況が継続している。

なかには、執拗な攻撃を行う攻撃元IPも存在するが、不特定多数を対象としており、攻撃内容も普段の攻撃と大きな差は見られないと同社は指摘。今回の攻撃に対する特別な対応は必要なく、日ごろから必要とされるセキュリティ対策をしっかり実施するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

キヤノンITS、Clavister製UTMを発売 - IoTへの応用も検討
セシール通販サイトに再度不正ログイン - 7分間に30回の試行
個人情報入りサーバのリモートデスクトップアカウントが海外で売買 - 成城学園
eコマースのプラットフォームに不正アクセス、個人情報などが漏洩 - バックドアのUIは中国語
札幌市関連サイトへ不正アクセス - 公開を一時中止
Flashゼロデイ攻撃、APTグループ「ScarCruft」関与か - EMETで回避可能
「Apache Struts 2」脆弱性、国内複数SOCで攻撃検知 - すでに被害も
アクセスしただけで情報抜かれる偽サイト - サイバー攻撃の事前準備か
国内正規サイト経由の攻撃キャンペーンをFireEyeが報告 - Flashゼロデイ脆弱性を悪用
Flashへのゼロデイ攻撃、中国のグループが多方面に展開