Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米McAfee、最高技術責任者(CTO)にMichael Fey氏を起用

120925ma_01.jpg
Michael Fey氏

米McAfeeは、最高技術責任者(CTO)にMichael Fey氏を起用した。

同氏は、複数のIT企業を経て2007年に同社へ入社。これまでフィールドセールスエンジニアリングおよび先進技術部門を担当してきた。今後は各地域や各部門のCTOチームや、市場開拓チームを管理するCTOオフィスを統括。顧客ニーズへの対応はもちろん、次世代製品の開発に取り組む。

同氏は、「企業や政府、そしてユーザーの安全を確保するため、数年先を見越してイノベーションを起こしていく必要がある」と語っており、これまでの知識を活かして、クラウド基盤である「Global Threat Intelligenceネットワーク」を拡大した「Security Connected Platform」の提供を目指している。

(Security NEXT - 2012/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米McAfee、「CASB」のSkyhigh Networksを買収
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
マカフィー、AWS向けにIPS「McAfee vNSP」を提供
自動化進めたSOCの約7割、1週間以内に脅威調査を完了
公衆無線LANの安全性を確認するユーザーは3人に1人
マカフィー、SIEMの活用ノウハウを提供するパッケージを拡充