Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

145台の「iPhone 5」や申込書が販売店で盗難 - 防犯システム、施錠管理するも防げず

ソフトバンクモバイルの販売代理店で盗難が発生し、最新機種である「iPhone 5」をはじめとする端末や申込書類が被害に遭ったことがわかった。

「iPhone 5」発売日である9月21日未明に九条店、大久保インター店、高槻市役所前店の3店舗において盗難が発生したもの。「iPhone 5」145台や「モバイルWi-Fiルータ」41台をはじめ、携帯電話や周辺機器などあわせて206台が被害にあった。

同時に、iPhone予約時に使用する書類149件も持ち去られている。書類には申込者の氏名、住所、電話番号、生年月日が記載されていた。そのうち11件には口座番号も含まれる。

各店舗には防犯システムを設置していたほか、保管場所はいずれも施錠管理していたという。盗難判明後、警察へ被害届を提出したが盗難物は見つかっていない。

同社では対象となる顧客に報告と謝罪を進めており、店舗の防犯体制についても強化する。

(Security NEXT - 2012/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
Apple、「iOS 11.1」をリリース - 「KRACK」や「Siri」関連など脆弱性20件を修正
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
スマホからのファックス送信依頼を装ったマルウェアメール
「CODE BLUE」の基調講演にGeorge Hotz氏 - 「犯罪対策トラック」やCTFなど新企画も
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
身に覚えのないiPhoneアプリ請求書に注意 - 「支払いキャンセル」の先は偽サイト
女性スマホ利用者、セキュリティ対策「していない」「わからない」が半数超
Apple、「iOS 10.2」をリリース - 12件の脆弱性を修正
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査