Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、無線LAN安全利用手引書案への意見を募集 - スマホやテザリング利用を反映

総務省では、一般利用者が無線LANを安全に利用するための手引き書の策定に向け、現在意見を募集している。

同省では、2004年に前身となる手引き書「安心して無線LANを利用するために」を策定。2007年の改訂を経て、一般や企業などへ無線LANにおけるセキュリティ対策を推進している。

しかし、スマートフォンによるWi-Fi接続や、他機器によるテザリングなど活用が進んでおり、同省主催の有識者による研究会報告書でも改訂の必要性を指摘されていることから、一般利用者に特化するかたちで全面的に改訂を行った。意見は郵送、ファックス、メールで受け付ける。締め切りは10月9日。

ビジネス利用者を対象とした手引き書については、サイバー攻撃の増加といった状況を踏まえ、より専門的な内容を盛り込んだ手引書を、2012年度内をめどに別途取りまとめる予定だという。

(Security NEXT - 2012/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都