Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

iPhone 5発売に便乗するフィッシング攻撃へ注意を - 「割引」など甘い言葉に警戒を

米McAfeeは、Appleの最新スマートフォン「iPhone 5」の発売にともない、サイバー犯罪者が便乗する動きがあるとして注意を呼びかけた。

これまでもAppleの新製品発売時など主要イベントが狙われる傾向にあり、今回も発売に便乗し、同様のキャンペーンが展開されるおそれがあると予測。

クレジットカード情報をはじめとする個人情報を窃取するため、フィッシングメールや不正サイトへ誘導するメールが送信される可能性があると指摘している。

同社は、プロモーションなどが記載されたメールが届いても、メール内のリンクをクリックせず、Appleなど情報の発信元へ直接アクセスするようアドバイス。2台購入すると1台が無料になるといった大幅な値引きなど、都合が良い話に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず