Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

あらたに観測された配布サイトは半減するも、マルウェア数は増加 - シマンテック調査

シマンテックは、8月に同社が検知したウイルスやスパムの状況について取りまとめた。

同月、同社があらたに観測したマルウェア配布サイトは1日あたり1099件だった。前月の2189件から大幅に縮小している。しかし、新種のマルウェアを配布するサイトが拡大しており、こうしたサイトから配布されるマルウェアの数そのものは増加しているという。

ウイルス感染を目的としたメールの割合は0.4%で、233.1通に1通の割合で送信された。前月と比較すると、0.14ポイントとわずかに減少した。そのうち不正サイトへのリンクが記載されていたのは19.6%だった。

メール感染型マルウェアでもっとも多く検知されたのは「W32/Bredolab.gen!eml.j」で、全体の16.5%を占める。「Bredolab」の亜種は4位と5位にもランクインした。ポリモーフィック型マルウェアの割合は18.2%だった。

スパムメールの割合は全流通メールの72.3%で、前月より4.7ポイント上昇した。フィッシングメールの割合は0.32%で、0.109ポイント増加。312.9通に1通の割合で送られていた。

国内では、ウイルス感染メールは1061.2通に1通で0.09%、スパムの割合は69.9%だった。いずれも世界標準を下回っているが、前月と比較すると増加している。

(Security NEXT - 2012/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者