Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、ノートン最新版を発表 - 「ノートン360」にマルチデバイス版も

シマンテックは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「ノートン」シリーズの最新版を発表した。新製品として「ノートン360マルチデバイス」を投入した。

ラインナップにスイート製品である「ノートン360」をはじめ、「ノートンインターネットセキュリティ」「ノートンアンチウイルス」を用意したコンシューマー向けセキュリティ対策ソフト。

最新版では「Windows 8」に対応したほか、新機能としてインテリジェントファイアウォールを搭載。ファイルやURL、ドメインにくわえ、IPアドレスの評価にも対応している。

「ウェブインサイト」により、コミュニティより評価を得ていないサイトを通知。ソーシャルネットワークの保護機能を強化しており、日本発の機能として「Facebook」だけでなく「mixi」上に投稿されたリンクの安全性評価も可能となっている。

また起動やシャットダウン時の所要時間短縮やバッテリーの最適化機能を提供。インタフェースを簡単に利用できるよう改良した。またアップデート適用時に再起動が必要ないリブートレスを採用している。

さらに新ラインナップとなる「ノートン360マルチデバイス」では、WindowsやMac OS X、Androidのマルチプラットフォームに対応。クラウドベースのコンソールから管理できる。

同社オンラインストア価格は、3台のデバイスを1年間保護できる「ノートン360マルチデバイス」が8980円。「ノートン360」が8480円。「ノートンインターネットセキュリティ」が6480円。

(Security NEXT - 2012/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止