Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

飛天ジャパン、USBメモリなど外部デバイスの利用を制御するソフト発売

飛天ジャパンとエヌ・シー・エル・コミュニケーションは、外部記憶デバイスを制御するセキュリティ対策ソフト「SecureCore RSS」を発売した。

同製品は、USBメモリや外付けハードディスクなど外部記録デバイスの利用を制御し、一元管理することで、デバイスの持ち出しや紛失による情報漏洩を防ぐソフトウェア。

登録済みのデバイスのみ利用を許可し、書き込みや閲覧、コピーなど操作権限の設定が可能。デバイス利用履歴や管理者操作履歴を記録するログ機能も搭載している。

管理コンソールでは、日常の管理で頻繁に利用する機能を集約した「イージーモード」と、詳細設定が可能な「プロフェッショナルモード」を用意。環境や目的に応じて選択できる。

(Security NEXT - 2012/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給
OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品に新版 - 「ディープガード」に機械学習を応用
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
ラトックシステム、Windows Hello専用の指紋センサーを発売
ジュピターテク、ユーザー操作監視ソフトの新版を発売
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ