Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハイパーボックス、年額1980円のSSL証明書を発売

ハイパーボックスは、年額1980円のSSL証明書「AOSSLサーバ証明書」の販売を開始した。

同製品は、公開鍵長2048bitをサポートしたSSL証明書。1件の証明書で「www.+ドメイン名」と、一部携帯電話の機種に制限があるものの「ドメイン名」のみの両コモンネームに対応する。

発行にあたっては、ウェブサーバ、ドメインに対して正当な管理権限を有するかどうかオンラインで審査。利用者は、無料オプションとしてウェブサイト上で利用できるシールを表示できる。

また証明書の期限内で内容に変更がない場合、無償で再発行に対応。冗長構成など、同様の証明書を複数サーバで利用する場合、別途ライセンス購入する事なく申込料金のみで無制限に利用できる。

ウェブサイトでサービスを提供する際、Cookieの盗聴対策としてSSL接続を常時利用するサイトが増加していることから、同社では、同証明書について常時利用をコンセプトにサービスを展開したいとしている。

(Security NEXT - 2012/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
セコムとルネサス、IoTセキュリティ基盤の開発で協業
コモド、SSLサーバ証明書をデータ復元保険で差別化 - 価格は据え置き
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
サイバートラスト、DigiCert証明書の取扱を強化 - RAを国内に開設
KDDI、SIMを活用したIoT機器向けセキュリティ技術を開発
マイナンバーカードを利用したオンライン向け本人確認サービス - サイバートラスト