Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スクエニのネットショップにセキュリティ上の不備 - 顧客情報流出の形跡は確認されず

スクウェア・エニックスは、同社オンラインショップで利用しているサーバにセキュリティの不備が見つかったことを明らかにした。

問題が判明したのは、同社の委託先が管理していた「オフィシャルグッズオンラインショップ」の専用サーバ。不正アクセスが可能な状態だったことから、対策を講じるまでサービスを一時停止している。

同サーバには、顧客の氏名や住所、電話番号、性別、生年月日、メールアドレスのほか、2010年7月までに同サイトで商品を購入したり、カード決済を利用した顧客のクレジットカード番号、有効期限が保存されていた。

カード関連のデータとそのほかの顧客情報は分離して管理しており、紐付けされていないという。また今回の問題について同サイト以外の他サービスは、一切影響を受けないとしている。

現時点で情報が外部へ流出した形跡は確認されていないが、同社では不正請求などへ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
「セシール」不正ログイン、攻撃リストの顧客ID合致は事前抽出が原因 - 情報流出を否定
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致
旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト