Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テリロジー、標的型攻撃のマルウェア対策に特化したクラウドサービス

テリロジーは、標的型攻撃対策に特化した米Lastlineのクラウドサービスを提供開始する。国内のほか、香港やシンガポール市場に向けてもサービスを展開する。

同サービスは、マルウェアの挙動や、同社によるウェブサイトのクローリング、パートナーから提供された情報などをもとに、マルウェアをクラウド上の解析エンジンで解析し、情報流出を防御するクラウド型サービス。

標的型攻撃を行うマルウェアに特化しており、システムコールだけではなく、マルウェアが実行するすべての命令を監視し、可視化や分析を行うことが可能。ユーザーは、ネットワークに無償のセンサーソフト「Previct」をインストールするだけで利用することが可能で、ネットワーク構成などを変更せずに外部への通信をブロックできる。

年間利用料は、210万円から。同社は、企業やマネージドセキュリティサービス事業者向けにサービスを展開し、3年間で200件の契約を見込んでいる。

(Security NEXT - 2012/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
オージス総研、マルウェアメール受信後の状況報告などを訓練するサービス
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
標的型メール訓練や損害額試算サービスを無償提供 - MS&ADグループ
日立システムズ、制御システムに特化したセキュリティサービス
ファイア・アイ、アカデミック版を期間限定で提供