Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃「Luckycat」のインフラに開発中の不正Androidアプリ

トレンドマイクロは、標的型攻撃「Luckycat」のインフラを調査したところ、開発段階の不正Androidアプリを発見したことを明らかにした。

「Luckycat」は、インドの重要機関や軍事関連施設をはじめ、チベット人活動家や日本を対象とした一連の標的型攻撃。犯行グループは、メールによる標的型攻撃のほか、無料ホスティングサービスやVPSを活用して攻撃インフラを構築。3月の時点で攻撃作戦は90回に及び、同社では233台の感染端末を確認している。

その後の攻撃インフラに対する継続調査により、今回あらたにOSを判別して不正プログラムをダウンロードさせるスクリプトとともに、開発中の不正アプリ2件を発見した。同アプリの名称はいずれも「testService」。内容はほぼ同じだがアイコン表示の有無に差異があった。

同アプリを誤ってインストールすると、外部から遠隔で操作され、識別番号(IMEI)や電話番号、MACアドレス、IPアドレスなどの情報が窃取される。またファイルのダウンロードやアップロードに対応。現時点では不完全だが、リモートから端末上でコマンドを実行できる機能を実装しようとする形跡も見られた。

今回発見されたアプリが、実際の攻撃に利用された痕跡は見つかっていない。同社は、開発段階にあり実証用アプリであると分析。今後標的型攻撃の対象がPCだけでなく、スマートフォンやタブレット端末へ拡大する可能性が高いと予測している。

(Security NEXT - 2012/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
【速報】「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでにゼロデイ攻撃が発生
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「CSVファイルは安全」という先入観につけ込む標的型攻撃
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
医療業界やサプライチェーン狙う攻撃グループを確認 - 標的はレガシーシステムか