Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Aurora」の攻撃グループがゼロデイ攻撃を加速 - 狙いは軍需産業

シマンテックは、「Operation Aurora」攻撃を行ったグループが、ゼロデイ攻撃の頻度を高めていることを報告した。軍需産業が狙われているという。

同グループは、2009年にマルウェア「Hydraq」を悪用して大規模攻撃「Operation Aurora」を展開。同社では組織的な攻撃活動について「Elderwoodプロジェクト」名付け、活動を監視しているが、その後もさまざまな業種に対して攻撃しており、3年が経過した現在も積極的に活動しているという。

同グループは、容易にゼロデイ脆弱性の悪用できる攻撃インフラ「Elderwoodプラットフォーム」を利用しているが、最近さらに進化した。これまでメールを利用した標的型攻撃を展開してきたが、ターゲットの組織からアクセスされる可能性が高いウェブサイトへ侵入し、ウェブ経由で感染させる手法へ変化している。

2011年にゼロデイ攻撃に用いられた脆弱性は8件だったが、ここ数カ月間で同グループによりすでに4件の脆弱性が悪用されるなど、活動が目立っている。

軍事関係の組織がおもな攻撃対象となっていることから、子会社や取引先といった関連企業も含め、サプライチェーン企業は、注意が必要だと同社では指摘している。

(Security NEXT - 2012/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Windows」にゼロデイ脆弱性、PoCが公開 - 8月の「ALPC脆弱性」公表と同一人物
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
Windowsタスクスケジューラのゼロデイ脆弱性、回避策が公開 - 独自パッチも
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
「Ghostscript」に保護機能回避の脆弱性が再び - 「ImageMagick」などにも影響
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃