Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

若者向け就職支援サイト「マイナビジョブ20's」で個人情報誤表示の不具合

20代求職者向けの情報提供サイト「マイナビジョブ20's」において、応募フォームに入力した個人情報が第三者に表示される不具合が一時発生した。

サイトを運営するマイナビエージェントによれば、8月29日16時半ごろから31日18時半ごろにかけて、サイト上の応募フォームに入力した情報が、確認画面に移動した時点で次に応募フォームを開いた第三者に表示されるという不具合が発生した。

すでに不具合の修正は完了しており、現在は正常に利用できるという。同社では期間中のログ解析を行い、個人が特定できた利用者に対しては、個別に報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2012/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

産官学連携プラットフォームのメルマガで誤送信 - 大阪市
不正アクセスで会員情報約1万件が流出 - リガク
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
顧客情報記載の資料が車上荒らしで盗難 - 大和ハウスグループ会社
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
関係者向けニュースメールで誤送信 - 国立環境研究所
元従業員が営業管理ツールで顧客情報を不正閲覧、営業利用 - システム開発会社
モニター募集フォームで個人情報表示される設定ミス - 神奈川芸術劇場