Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

若者向け就職支援サイト「マイナビジョブ20’s」で個人情報誤表示の不具合

20代求職者向けの情報提供サイト「マイナビジョブ20’s」において、応募フォームに入力した個人情報が第三者に表示される不具合が一時発生した。

サイトを運営するマイナビエージェントによれば、8月29日16時半ごろから31日18時半ごろにかけて、サイト上の応募フォームに入力した情報が、確認画面に移動した時点で次に応募フォームを開いた第三者に表示されるという不具合が発生した。

すでに不具合の修正は完了しており、現在は正常に利用できるという。同社では期間中のログ解析を行い、個人が特定できた利用者に対しては、個別に報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2012/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

操作ミス重なりメール誤送信でメアド流出 - 横浜市
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
不正アクセスで視聴者情報37万件が流出か - TOKYO MX
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
不正アクセスで問合顧客の個人情報が流出か - 日産化学工業
東商マート、顧客情報流出の調査結果を報告 - 当初可能性を大幅に下回る規模
元従業員が顧客情報を持出、持ち込まれた業者の通報で発覚 - GMOメイクショップ
不正アクセスで個人情報2.2万件が流出の可能性 - ロングランプランニング
セミナー申込フォームに設定不備、個人情報が流出 - 雇用人材協会
サイトの復旧作業中に個人情報を誤送信 - テレビ朝日