Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イー・モバイル、人的ミスとソフトウェアの不具合で通信障害 - 27万人に影響

イー・アクセスは、9月5日にイー・モバイルの音声通話およびデータ通信で発生した障害について、原因や影響範囲について詳細を明らかにした。

同日19時前から23時半過ぎにかけて、イー・モバイルネットワークにおいて通信機器の不具合が発生したもので、一部エリアで音声通話およびデータ通信サービスが利用しづらい状況に陥った。

影響があったのは、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県、大阪府、岐阜県、愛知県、滋賀県、京都府、兵庫県、和歌山県の12都府県で、約27万人のユーザーが影響を受けた。

同社では通信障害の原因について、保守作業時の人的操作ミスとソフトウェアの不具合が重なったと説明しており、基地局無線機が異常な状態となり、通信が不安定になったという。

同社では再発防止策として、保守作業方法の事前チェック体制強化、作業プロセス上のチェック工程改善、ソフトウェア不具合の改修などを実施するとしている。

(Security NEXT - 2012/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

重要インフラ13分野の横断的サイバー演習 - 2600人が参加予定
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
自動運転に半数弱が「関心あり」 - サイバー攻撃対策求める声も
長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
さくらの一部サーバにDoS攻撃 - 2時間半にわたり接続障害
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
一部でインターネット接続が不安定に - 大量経路情報変更が影響
マカフィー、AWS向けにIPS「McAfee vNSP」を提供
メルカリの他利用者情報の誤表示、複数条件揃う必要
個人間取引向けの「e発送サービス」で一部障害 - 原因は調査中