Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イー・モバイル、人的ミスとソフトウェアの不具合で通信障害 - 27万人に影響

イー・アクセスは、9月5日にイー・モバイルの音声通話およびデータ通信で発生した障害について、原因や影響範囲について詳細を明らかにした。

同日19時前から23時半過ぎにかけて、イー・モバイルネットワークにおいて通信機器の不具合が発生したもので、一部エリアで音声通話およびデータ通信サービスが利用しづらい状況に陥った。

影響があったのは、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県、大阪府、岐阜県、愛知県、滋賀県、京都府、兵庫県、和歌山県の12都府県で、約27万人のユーザーが影響を受けた。

同社では通信障害の原因について、保守作業時の人的操作ミスとソフトウェアの不具合が重なったと説明しており、基地局無線機が異常な状態となり、通信が不安定になったという。

同社では再発防止策として、保守作業方法の事前チェック体制強化、作業プロセス上のチェック工程改善、ソフトウェア不具合の改修などを実施するとしている。

(Security NEXT - 2012/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファーストサーバで長期障害、10日10時の時点では安定稼働 - データ消失や流出は否定
一部会員の登録情報が流出、システム障害で - トイ・ワイド友の会
難病患者支援事業で申請書の紛失や書き換えなど判明 - 愛知県
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
みずほ証券でシステム障害、オンライン取引やATM入出金に影響
福祉サービス利用者の個人情報を誤廃棄 - 観音寺市
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
きらぼし銀行、合併初日に一時障害 - 「旧八千代銀行」のシステムで
サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ