Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネクスト・イット、GFI Software製マルウェア解析ツールを発売 - サンドボックスで自動分析

ネクスト・イットは、GFI Software製「マルウェア自動動的分析ツール」を販売開始した。

今回取り扱いを開始した「GFI SandBox」は、サンドボックス内でアプリケーションやファイルなどを実行し、マルウェアであるか動的に解析するツール。

アプリケーションの実行内容やシステムの変更、ネットワークトラフィックの内容などキャプチャし、サーバに送信。分析結果をレポートとして提供する。分析プロセスを自動化することが可能で、1件あたり通常2分以内に分析できるとしている。

組織ごとに異なる固有の要件へ対応でき、企業の緊急対応チームである「CSIRT」やセキュリティベンダー、研究者、捜査機関、ウェブ製作事業者、広告事業者などへ提供する。

また最新データを利用して悪意のあるウェブサイト、メール、トラフィックを識別する「GFI ThreatTrackデータフィード」を別売りのアドオンとして用意している。

(Security NEXT - 2012/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加