Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OCNツールバーのフィッシング警告機能が強化 - フィッシング対策協議会のDBを反映

NTTコミュニケーションズは、同社が提供する「OCNツールバー」において、フィッシング詐欺サイトの警告機能を強化した。

同機能は、ユーザーがフィッシング詐欺が疑われるサイトを閲覧しようとすると、警告画面を表示して接続を遮断するフィッシング対策機能。OCNツールバーは、OCN会員以外も無料で利用できる。

これまでは、同社やOCN関連のフィッシングサイトのみ警告対象としていたが、今回の機能強化により、フィッシング対策協議会から提供されるURL情報に基づき、金融機関やカード会社などのフィッシングサイトについても警告を表示するよう変更した。

(Security NEXT - 2012/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米Akamai、悪意あるドメインへの接続防ぐソリューション
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
パロアルト、「PAN-OS 8.0」をリリース - サンドボックス回避攻撃へ対策
Bitdefender、家庭用IoT機器を保護するBOX型アプライアンス
ソフォス、自動化できるフィッシングトレーニングソリューション
ニフティ、PCだけでなくIoT全般を保護する家庭向けサービス
ESET個人向け製品、新版でランサム対策など追加 - モニター版を公開
WEPキーの盗難対策などを搭載した無線LANアクセスポイント
ウェブ経由の脅威に対抗するブラウザ用プラグイン - チェック・ポイント