Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJのクラウドサービスでチェック・ポイントのゲートウェイが利用可能に

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、同社セキュリティゲートウェイが、インターネットイニシアティブ(IIJ)のクラウドサービスで利用可能になったと発表した。

「IIJ GIOコンポーネントサービス 仮想化プラットフォーム VWシリーズ」が、仮想化環境向け製品「Check Point Security Getaway Virtual Edition」へ対応したもの。

ネットワークトポロジを変更することなくプラグアンドプレイで導入可能。ファイアウォールやIPS、アプリケーション制御、URLフィルタリング、DLPといった30種類以上の機能を必要に応じて導入できる。

(Security NEXT - 2012/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
製品起因でマルウェア感染したら最高100万ドル - メンロ・セキュリティ
クラウドの設定ミスを防ぐ診断サービス - ラック
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
テレワーク環境向けに期間限定の脆弱性診断 - BBSec
Boxにマルウェア検知機能 - サンドボックス解析なども搭載予定
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
セキュ対策などテレワークに必要な機能のパッケージ