Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJのクラウドサービスでチェック・ポイントのゲートウェイが利用可能に

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、同社セキュリティゲートウェイが、インターネットイニシアティブ(IIJ)のクラウドサービスで利用可能になったと発表した。

「IIJ GIOコンポーネントサービス 仮想化プラットフォーム VWシリーズ」が、仮想化環境向け製品「Check Point Security Getaway Virtual Edition」へ対応したもの。

ネットワークトポロジを変更することなくプラグアンドプレイで導入可能。ファイアウォールやIPS、アプリケーション制御、URLフィルタリング、DLPといった30種類以上の機能を必要に応じて導入できる。

(Security NEXT - 2012/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、2.7万件以上のバグを発見したファジングツールをオープンソース化
パブリッククラウド利用企業向けにセキュリティ支援 - DTRS
IoT製品のファームウェア用脆弱性調査ツール - ソースコードに非依存
役員や経理部長のメールを機械学習、特徴からBEC検知
車載システム向けにログ分析型攻撃検知技術 - 三菱電機
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
MSS事業者や社内SOC向けマルチテナント型インシデント管理ツール
ネットワーク監視やログ収集をクラウドで提供 - セキュアヴェイル
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
仮想環境向け製品を公共機関に割引価格で提供 - パロアルト