Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJのクラウドサービスでチェック・ポイントのゲートウェイが利用可能に

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、同社セキュリティゲートウェイが、インターネットイニシアティブ(IIJ)のクラウドサービスで利用可能になったと発表した。

「IIJ GIOコンポーネントサービス 仮想化プラットフォーム VWシリーズ」が、仮想化環境向け製品「Check Point Security Getaway Virtual Edition」へ対応したもの。

ネットワークトポロジを変更することなくプラグアンドプレイで導入可能。ファイアウォールやIPS、アプリケーション制御、URLフィルタリング、DLPといった30種類以上の機能を必要に応じて導入できる。

(Security NEXT - 2012/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
クローズド環境で「Cylance」を利用するためのオプション2製品
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI
NFV向けソリューションをドコモ5G環境で検証 - トレンド
Cylance、パートナー経由でマネージドサービスを展開
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG