Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、NISTのクラウド解説文書を翻訳 - メリットとリスクを解説

情報処理推進機構(IPA)は、米国立標準技術研究所(NIST)による発行文書の翻訳「クラウドコンピューティングの概要と推奨事項(Cloud Computing Synopsis and Recommendations)」を公開した。

同機構では、NRIセキュアテクノロジーズと共同で海外の情報セキュリティ関連文書を翻訳しており、その成果として公表したもの。

同文書は、NISTがまとめたクラウドコンピューティングに関する報告書。定義をレビューし、メリットと未解決の問題を解説。利用によってもたらされる相対的な機会とリスクを組織がどう捉えるべきか、ガイドラインを提供する。

また実装モデルやサービスモデル、運用面での特性、SLA契約といった問題に言及。大量のデータが集約される性質からセキュリティ上の注意すべき点や、利用者がウェブブラウザに大きく依存するなどセキュリティ上の問題に関してまとめている。

(Security NEXT - 2012/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
クラウド事業者向けセキュリティ対策GLで改訂案 - IoTサービスのリスク対応方針を追加
ウェブサイト開設時に注意したいセキュリティのポイントを解説 - IPA
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
クラウド事業者が医療情報を扱う際の安全管理ガイドライン - パブコメを実施
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調