Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

定義ファイルで検知できないマルウェアが4倍に - FireEye報告

米FireEyeは、2012年上半期に入り、定義ファイルで検知できない高度なマルウェアが急増しているとのレポートを取りまとめた。

同社アプライアンスから収集したクラウド基盤のデータや、同社研究チームの分析などをもとに、2012年上半期の脅威動向をまとめたもの。

同レポートでは、定義ファイルベースのセキュリティ対策を回避するマルウェアが、前年の約4倍へと急増していると報告。1企業あたり平均で毎週643件の攻撃が発生していたという。

またメールによりマルウェアへ感染させる攻撃では、添付ファイルよりもリンクが多様される傾向にあると分析。

攻撃者は使い捨てドメインを活用しており、5回以下しか使用されない動的リンクが増加。1度しか使用されないリンクは、2011年下半期に全体の38%を占めたが、2012年上半期は46%へ上昇したという。

同社CEOのAshar Aziz氏は、「シグネチャベースの防御対策ではマルウェアの侵入を食い止めることはできない」と指摘。コマンド&コントロールサーバーとの通信を遮断する対策など、ゼロデイ攻撃やAPT攻撃を防ぐためにアーキテクチャの見直しを行う必要性について訴えている。

(Security NEXT - 2012/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性