Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃で利用されたバックドアの4割は「Poison Ivy」で作成

2012年上半期に国内で発生した標的型攻撃で利用されているバックドアの約4割が、無償公開されているリモートアクセス管理ツール「Poison Ivy」で作成されたものであることがわかった。

トレンドマイクロが標的型攻撃に使用されたバックドアを調べたもので、サイバー攻撃などにも用いられる「Poison Ivy」で作成された「BKDR_POISON」と「BKDR_DARKMOON」であわせて38%を占めることがわかったという。

これらバックドアへ感染すると、外部からマウスやキーボード、ファイルやプロセスの操作などをはじめ、リモートシェルの実行、スクリーンキャプチャの取得など行われ、情報漏洩など被害を受ける可能性がある。

さらにトレンドマイクロでは、同時期に採取した「Poison Ivy」のサンプル群から50個を任意に抽出し、調査したところ、約半数に一連の攻撃へ関連性が認められ、複数のC&Cサーバが稼働する攻撃インフラの存在を確認。2009年ごろから活動していると分析している。

「Poison Ivy」は、サイバー攻撃に用いられるリモートアクセスツール。「同2.3.2」では、任意のコードが実行される脆弱性が判明しており、安易に利用しないようNTTデータ先端技術などセキュリティベンダーが注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
中小企業セキュ対策助成金の申請予約を開始 - 東京都
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
「Firefox 74.0.1」が公開、ゼロデイ脆弱性を修正 - 標的型攻撃を確認