Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

奈良国立博物館のサイトが改ざん - 尖閣関連でサイバー攻撃

奈良国立博物館のウェブサイトにおいて改ざん被害が発生した。尖閣諸島の政治的主張がウェブサイト上に掲載される状態に陥った。

今回の不正アクセスにより改ざんされたのは、同館所蔵品に関する画像データベースの検索画面。8月17日午後に職員が発見し、被害へ気が付いた。改ざんされたページには、日本固有の領土である尖閣諸島に関し、中国の領有権を主張する文章や攻撃者の名前と見られる文言が書き込まれたという。

改ざんの発覚を受けて、同館では同日14時50分に画像検索サーバを停止。20日の時点でも今回のサイバー攻撃の影響で画像データベースの検索機能を利用できない状態が続いている。

(Security NEXT - 2012/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生
サイト接続障害、クラウドサービスへのDDoS攻撃で - ヤマシンフィルタ
会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト