Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash Player」の脆弱性に対する攻撃が発生中 - 早急にアップデート適用を

Trend Microは、Adobe Systemsが8月14日に公開したアップデートで修正した「Adobe Flash Player」の脆弱性「CVE-2012-1535」を狙う攻撃について報告を受けていることを明らかにした。

Adobe Systemsは、アップデート公開時に限定的な標的型攻撃が発生していることを公表しているが、Trend Microが報告を受けた攻撃も、細工したWordファイルをメールの添付ファイルとして送り付ける攻撃だという。

誤って添付ファイルを開くと、脆弱性が悪用されバックドアを作成。インターネット上から画像ファイルへのアクセスに見せかけて別のマルウェアをダウンロードしようとする。同社が確認したところ、ウェブサイトはアクセスできない状態だったという。

同社は、不審なメールに注意し、最新のアップデートを適用するよう呼びかけている。また同社製品では、問題のバックドアを「TROJ_MDROP.EVL」として検知するよう対応。アクセス先のサイトについてもブロックするなど対策を実施している。

(Security NEXT - 2012/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェア「LODEINFO」を検知 - JPCERT/CCが解析情報を公開
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
「Firefox」脆弱性、国内で悪用を確認 - JPCERT/CCが注意喚起
「IE」に未修正のRCE脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 「Windows 7」にも影響
「Emotet」用いた標的型攻撃が増加 - 米政府が警鐘
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
「Firefox」に深刻な脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 今年2度目の更新