Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

究極の個人情報であるゲノム情報を公開 - 慶大教授

慶應義塾大学環境情報学部の教授、冨田勝氏は、同氏の全ゲノム配列を解析し、7月31日に国立遺伝学研究所の日本DNAデータバンク(DDBJ)で公開した。

研究の成果として匿名で日本人のゲノム配列が公開されたことはあったが、日本人が実名で個人ゲノムを公開するのは今回がはじめて。ゲノム情報は、医療や創薬分野で活用が期待されている一方、「究極の個人情報」として社会的や倫理的な課題を抱えており、同氏はこうした課題の解決に向けた一助となるよう公開したという。

同大総合政策学部および環境情報学部では、同教授のゲノム情報を教材としたワークショップを開講して授業を開講。パーソナルゲノム解析の実際について体験的に学ぶ実習型講義を展開している。

(Security NEXT - 2012/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
1年間に38.5%で実被害ともなうインシデント - 平均年間被害額は2.1億円
「CODE BLUE」が都内で開催 - 担う「脆弱性公表」のコンセンサス
のべ5万8000人の顧客情報含む帳票が所在不明 - 住友生命
顧客情報18件含むリストが流出、会社に届けられ判明 - ジブラルタ生命
MS月例パッチでは相関関係ない「2件」のIEゼロデイ脆弱性を修正 - いずれも日本がターゲットか
顧客情報記載の書類が委託業者による運送過程で所在不明に - 損保ジャパン
Appleの開発者向けサイトが停止 - 関連する研究者は攻撃の意図を否定
「警子ちゃん」で緊急対応から漏洩対策まで現場の人を支えたい - ISA松本氏
顧客情報5909件含む資料を帰宅途中に紛失 - 富国生命