Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android版「LINE」に情報漏洩の脆弱性 - 強制アップデートで修正

NHN Japanが提供するAndroid向けアプリ「LINE」に情報漏洩の脆弱性が発見された。すでにアップデートの自動配信が行われている。

同製品は、チャットや通話機能を備えたAndroid用のSNSアプリ。今回明らかになった脆弱性「CVE-2012-4005」が悪用されると、同アプリ経由で送信したメッセージが不正なAndroidアプリ経由で漏洩する可能性がある。実際に脆弱性が悪用されたとの報告はないという。

影響を受けるのは、「LINE 2.5.4」および以前のバージョン。今回の脆弱性に対してNHN Japanでは強制アップデートを実施。使用時にシステム側で自動的にアップデートを適用するため、手動による操作は不要となっている。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの望月岳氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターがNHN Japanとの調整を行った。

(Security NEXT - 2012/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
車両制御アプリに脆弱性 - リモートより制御奪われるおそれ
JR東日本「列車運行情報アプリ」用APIサーバに脆弱性 - アプリの削除を
ドコモ端末「V20 PRO L-01」にクラッシュする脆弱性
「Adobe Digital Editions」に情報漏洩の脆弱性
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開