Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KCCS、IPあたり年間8400円で利用できる脆弱性診断サービス

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、中小規模のネットワークへ対応する脆弱性診断サービス「nCircle PureCloud」を提供開始した。

同サービスは、nCircle Network Security製の脆弱性管理システム「nCircle IP360」を活用し、ネットワークの脆弱性を診断するサービス。利用者の環境にシステムを導入することなく、組織内ネットワークにある特定端末についてクラウド経由で脆弱性を診断する。

診断結果は、クラウド上に暗号化して保存。端末上には残存せず、インターネット上から確認することができる。IPv6環境の脆弱性診断には今後対応する予定。

IPあたりの年額利用料は8400円。最低10個から利用できる。同社では今後3年間に5億円の売り上げを目指して同サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2012/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
2020年11月サポート終了の「CentOS 6」向けに独自パッチサービス
サイバートラストら、ドローンの脆弱性洗い出しサービス
ドコモとトレンド、IaaS基盤のIoTデバイス保護で新メニュー
CrowdStrike、モバイルデバイス向けEDRソリューション
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
CSIRT構築と平常時活動を支援するサービス - ソリトン
統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ