Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元派遣社員がシステムを不正利用し外部に売却 - NTTドコモ

NTTドコモの元派遣社員が同社の顧客情報管理システムを不正に利用し、顧客3人の電話番号が外部に漏洩していたことがわかった。

同社の元派遣社員が、業務時間中に同社の顧客情報管理システムを不正に検索し、顧客3人の連絡先電話番号を外部に漏洩したもの。外部調査会社などへ金銭目的で提供していたと見られており、30日に愛知県警が元派遣社員を不正競争防止法違反容疑で逮捕、送検している。

NTTドコモでは、事件の全容解明に向けて、捜査機関に協力していく方針。また今回の事件を受け、顧客情報管理システムの不正利用防止に向けた取り組みの強化を検討しており、アクセスログのチェック体制強化など対策を進めている。

(Security NEXT - 2012/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
退職時に事業ノウハウ持ち出した元従業員が書類送検 - KCCS
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
元従業員が営業管理ツールで顧客情報を不正閲覧、営業利用 - システム開発会社
貸付金の借受人や連帯保証人などの個人情報を紛失、4年前に発生 - 滋賀県
管理者パスワードを不正利用、人事資料閲覧で職員処分 - 八幡平市
不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン
無関係の人事情報を取得した職員を懲戒処分 - 東松島市
元従業員が顧客情報を持ち出し、一部にDM送付 - エステサロン
ポルシェジャパンに不正アクセス、顧客情報2.8万件が流出 - 独親会社からの指摘で判明