Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元派遣社員がシステムを不正利用し外部に売却 - NTTドコモ

NTTドコモの元派遣社員が同社の顧客情報管理システムを不正に利用し、顧客3人の電話番号が外部に漏洩していたことがわかった。

同社の元派遣社員が、業務時間中に同社の顧客情報管理システムを不正に検索し、顧客3人の連絡先電話番号を外部に漏洩したもの。外部調査会社などへ金銭目的で提供していたと見られており、30日に愛知県警が元派遣社員を不正競争防止法違反容疑で逮捕、送検している。

NTTドコモでは、事件の全容解明に向けて、捜査機関に協力していく方針。また今回の事件を受け、顧客情報管理システムの不正利用防止に向けた取り組みの強化を検討しており、アクセスログのチェック体制強化など対策を進めている。

(Security NEXT - 2012/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
公害健康被害の不服審査に関する資料が盗難 - 環境省
退職医師が患者の個人情報を不正に持ち出し - 東京女子医科大
音楽グループの宿泊先を漏洩、従業員を解雇 - イベント企画会社
フィッシング攻撃でアカウント乗っ取り、メールが不正転送 - 弘前大
教職員アカウントに不正アクセス、メールが外部へ転送 - 沖縄県立看護大
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
閲覧禁止の人事情報にアクセス、危機管理課職員を処分 - 龍ケ崎市
振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町