Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、サイバー攻撃のアラートサービス「SiteVisor Professional」を提供

ディアイティは、クルウィットと販売代理店契約を締結し、サイバー攻撃への対策支援サービス「SiteVisor Professional」を8月1日より提供開始する。

同サービスは、情報通信研究機構(NICT)が開発した対サイバー攻撃アラートシステム「DAEDALUS」を商用化したクルウィットの「SiteVisor」に、ディアイティが独自にサービスを付加したもの。

同サービスでは、本来パケットの送信先となり得ない「ダークネット」を監視することにより、設定ミスやマルウェアの感染、不正アクセスといった兆候を検知し、アラートを送信。

さらに不正アクセスの種類やウイルス感染の可能性、対処方法について分析し、サイバー攻撃の情勢といった関連情報などとともにレポートとして提供する。

月額利用料は10万5000円で、16件のIPアドレスを登録できる。また1カ月限定の「お試しサービス」も用意している。登録できるIPアドレスは1件で料金は5万2500円。

(Security NEXT - 2012/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

dit、「NIRVANA改」ベースの「WADJET」新版を提供 - ダークネットに対応
テリロジー、イスラエル製ダークネットモニタリングサービスを開始
脅威パケットを破棄する「Cyber Cleaner ST」 - 国別フィルタがIPv6対応
攻撃アラートシステム「DAEDALUS」が「産学官連携功労者表彰」を受賞
危険地域へのデータ送信を防ぐルータ「SAKOKU」に法人版
危険な国や地域への接続をブロックする無線LANルータ「SAKOKU」
【Interop】セキュリティを可視化する「NIRVANA 改」が人気
キヤノン電子、マルウェアの可視化に対応した「SMLセキュリティスイート with SiteVisor」
未使用ローカルIPアドレスで標的型攻撃を検知する「SiteVisor Ultimate」
NICT、攻撃アラートシステム「DAEDALUS」の一般展示を開始