Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宛名印刷テストに預けた個人情報約2万件が委託先で所在不明に - 茨木市

大阪府茨木市は、住民2万548人分の個人情報が記録されたCD-Rを委託業者が紛失したと発表した。

所在不明となっているのは、2010年度の健康診断を受診しなかった2万548人分の氏名や住所、生年月日、整理番号などが保存されたCD-R。

同市では、特定健康診査を受診していない住民に対して受診を勧めるハガキを用意しており、宛名印刷時のテスト用として用意したデータだったという。同市保険医療センターがハガキ印刷業務を委託した東京法規出版へ6月12日に貸与したが、利用後に同社内で紛失した。

7月17日に本番用データと印刷物が同市に納品されたが、同社担当者がテスト用データを返却していないことに気付き、問題が判明。同社では、ディスクを誤って廃棄したとして同市へ報告書を提出した。

同市では今回の問題を受けて、委託業者への指導を徹底するとし、指名停止要綱に基づき、同社に対して厳正な処分を行うとしている。

(Security NEXT - 2012/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルカリの他利用者情報の誤表示、複数条件揃う必要
メルカリで他利用者情報が閲覧可能に - CDNプロバイダ切替で
保険証情報19万人分を含むフロッピーやCDが所在不明 - 協会けんぽ
顧客情報入りCD-ROMの誤送付を公表 - イオン銀
非公開処理のミスでパブコメ提出者の個人情報が漏洩 - 文科省
中学校教諭が生徒の個人情報など山林に不法投棄 - 千葉市
契約者情報75万件を紛失 - 三井住友海上あいおい生命
受講者情報入りCDを誤って委託事業者に配布 - 三重県
約6000件の「児童医療費台帳データ」が所在不明に - 上三川町
弁護士の要請で提供した顧客情報、提供先が紛失 - ミサワホーム東京