Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Oracle Outside In」の脆弱性が「Microsoft Exchange」にも影響 - MSが修正パッチを準備中

Microsoftは、「Microsoft Exchange」など一部製品に実装しているファイル変換用ライブラリ「Oracle Outside In」に脆弱性が存在し、リモートでコードを実行されるおそれがあるとして、セキュリティ更新プログラムの準備を進めている。

「Oracle Outside In」は、ファイルフォーマットの変換を実現するOracle製のソフトウェア。Microsoftでは同社よりライセンスを受けて複数製品に実装しており、「Outlook Web Access」における添付ファイルのプレビュー機能や、「FAST Search Server 2010 for SharePoint」のファイルインデックス機能に活用されている。

Oracleでは7月17日に脆弱性を修正しており、Microsoftにおいても実装している製品の脆弱性を修正するセキュリティ更新プログラムの開発を進めている。

影響を受けるのは、「Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 3」「同2010 Service Pack 1」「同2010 Service Pack 2」「FAST Search Server 2010 for SharePoint」および「Microsoft SharePoint Server 2010 Service Pack 1」の一部環境。

脆弱性を攻撃するために細工されたファイルを誤って処理すると、コードを実行されてサーバを制御されるおそれがある。脆弱性を悪用した攻撃は確認されていない。

同社はセキュリティ更新プログラムが提供されるまでの回避策として、トランスコーディングサービスやアドバンストフィルタパックなど、同ライブラリを用いる機能の無効化を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大