Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、データセンター向けIPSソリューションの新製品を発売

マカフィーは、IPSソリューションの新モデル「McAfee Network Security Platform XC-240 Load Balancer」を販売開始した。

同製品は、データセンターや通信事業者、サービスプロバイダーが提供するプライベートクラウド向けのIPSソリューション。「XC Cluster」を搭載し、センサーである「M-8000XC Sensor」を併用することで最大8台、最大80Gbpsまで拡張できる。

オプションとして仮想アプライアンス「McAfee Network Threat Behavior Analysis Virtual Appliance」を用意しており、レイヤー7のパケットなどを分析し、重要情報を可視化することが可能。複数のネットワークアプリケーションフローを関連づけ、ネットワーク内の脅威を詳しく把握できる。

(Security NEXT - 2012/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
マカフィー、AWS向けにIPS「McAfee vNSP」を提供
マカフィー、SIEMの活用ノウハウを提供するパッケージを拡充
マカフィー、コンシューマー向けセキュリティ製品の2017年版を発表
NTTデータ先技、SIEMのスポット導入サービスを開始
脆弱な部分の特定し対策を実施できるIPSソフトの最新版 - マカフィー
マカフィー、インシデント対応の負荷を軽減する新ツール