Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯電話利用者の約半分が端末紛失時の対策を未実施

シマンテックは、携帯電話利用者の約半分が盗難や紛失時の対策を実施しておらず、対策が進んでいないことを明らかにした。

同調査は2012年2月に日本をはじめ、太平洋地域の中国、シンガポール、インド、オーストラリアを対象に18歳から64歳までの500人を対象として実施したもの。

調査結果によれば、日本ではインターネット利用者の77%が携帯電話を1台以上所有。携帯電話によるインターネットの利用目的は、「ニュース、フィードを読む(46%)」「ソーシャルネットワーク上の交流(28%)」「ネットショッピング(27%)」が多い。また16%は、ネットバンキングや決済に利用している。

一方で、携帯電話利用者のうち約半分が、パスワードによる携帯電話の保護を実施しておらず、紛失や盗難時に備えて対策を講じていないことがわかったという。

携帯電話を紛失したり、盗難に遭った利用者は1割で、その90%が紛失だった。アドレス帳の紛失を困ったとする被害者が69%にのぼり、費用面で困ったとする52%を大きく上回った。また紛失や盗難を防止するために平均3064円を負担を受け入れると回答している。

(Security NEXT - 2012/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
顧客情報含む領収書など紛失 - 三谷産業子会社
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市