Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「電子政府推奨暗号リスト」改訂にあたり情報提供の協力呼びかけ

情報処理推進機構(IPA)は、「暗号アルゴリズム」の利用実績調査を実施するとして、広く協力を求めている。

同機構が委員会の運営を担当している暗号技術評価プロジェクト「CRYPTREC」において、立案や管理を行っている「電子政府推奨暗号リスト」の改訂作業に向け、暗号アルゴリズムの利用実績について情報提供の協力を求めたもの。

同リストは、「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一管理基準」や「同統一技術基準」にて、政府機関が調達する際の遵守事項として定めている。実際の調査にあたっては、同事業の落札業者であるみずほ情報総研がアンケート票の送付や回収、集計など行う。

「電子政府推奨暗号リスト」は、これまで単一リストだったが、次回の改訂では「電子政府推奨暗号リスト」「推奨候補暗号リスト」「運用監視暗号リスト」に分類される予定。リストには「安全性」や「実装性」にくわえ、「暗号アルゴリズムの製品化」「利用実績」などを登録する。また収集した情報は、今後の暗号政策にも活用されるという。

(Security NEXT - 2012/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
「Dropbox」のAPI経由で命令受ける「Dropapibot」 - 国内を標的に展開
Apple、「macOS Mojave 10.14」をリリース - 脆弱性8件に対処
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
Apple、「iOS 12」をリリース - 複数脆弱性を解消
「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
VMwareのiOS向けアプリ「AirWatch Agent」などに脆弱性
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン