Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「電子政府推奨暗号リスト」改訂にあたり情報提供の協力呼びかけ

情報処理推進機構(IPA)は、「暗号アルゴリズム」の利用実績調査を実施するとして、広く協力を求めている。

同機構が委員会の運営を担当している暗号技術評価プロジェクト「CRYPTREC」において、立案や管理を行っている「電子政府推奨暗号リスト」の改訂作業に向け、暗号アルゴリズムの利用実績について情報提供の協力を求めたもの。

同リストは、「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一管理基準」や「同統一技術基準」にて、政府機関が調達する際の遵守事項として定めている。実際の調査にあたっては、同事業の落札業者であるみずほ情報総研がアンケート票の送付や回収、集計など行う。

「電子政府推奨暗号リスト」は、これまで単一リストだったが、次回の改訂では「電子政府推奨暗号リスト」「推奨候補暗号リスト」「運用監視暗号リスト」に分類される予定。リストには「安全性」や「実装性」にくわえ、「暗号アルゴリズムの製品化」「利用実績」などを登録する。また収集した情報は、今後の暗号政策にも活用されるという。

(Security NEXT - 2012/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
顧客情報含む携帯端末を営業活動中に紛失 - ハナ信組
「SSL/TLS暗号設定ガイドライン Ver.2.0」を公開 - IPA
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を