Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「電子政府推奨暗号リスト」改訂にあたり情報提供の協力呼びかけ

情報処理推進機構(IPA)は、「暗号アルゴリズム」の利用実績調査を実施するとして、広く協力を求めている。

同機構が委員会の運営を担当している暗号技術評価プロジェクト「CRYPTREC」において、立案や管理を行っている「電子政府推奨暗号リスト」の改訂作業に向け、暗号アルゴリズムの利用実績について情報提供の協力を求めたもの。

同リストは、「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一管理基準」や「同統一技術基準」にて、政府機関が調達する際の遵守事項として定めている。実際の調査にあたっては、同事業の落札業者であるみずほ情報総研がアンケート票の送付や回収、集計など行う。

「電子政府推奨暗号リスト」は、これまで単一リストだったが、次回の改訂では「電子政府推奨暗号リスト」「推奨候補暗号リスト」「運用監視暗号リスト」に分類される予定。リストには「安全性」や「実装性」にくわえ、「暗号アルゴリズムの製品化」「利用実績」などを登録する。また収集した情報は、今後の暗号政策にも活用されるという。

(Security NEXT - 2012/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定
「宅ふぁいる便」利用者向けに特設サイト - 流出PW確認や退会受付など
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
都営住宅申込者の個人情報含むDVD2枚を紛失、委託先で - 東京都
「SECURITY ACTION」宣言事業者の課題は? - 意識の低さや人材不足などに課題
無線化が進む製造現場向けのセキュリティ導入ガイド - NICT
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能