Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサービス「忍者ツールズ」で障害 - レジストラによるドメイン停止措置で

サムライファクトリーは、同社ウェブサービス「忍者ツールズ」の全サービスにおいて、ドメイン情報の初期化にともなうサービス障害が発生したと発表した。

7月12日20時20分ごろから21時30分にかけて障害が発生し、ブログやアクセス解析、広告サービスをはじめ、すべてのサービスについてアクセスができなくなり、管理画面にもログインできない状態が発生した。

同社取引先でドメインレジストラであるGMOインターネットの「お名前.com」によりドメイン停止措置が行われ、ドメイン情報が初期化されたのが障害の直接の原因だという。

忍者ツールズを利用する一部サイトが、「お名前.com」の約款に抵触していたことが、ドメイン停止措置の理由で、サービス全体に影響が波及した。

今回の不具合では、ドメインのDNSサーバ情報も一時変更されたため、障害回復後もDNS情報がキャッシュに保存され、利用者の環境によっては、障害発生以降72時間以上にわたりアクセスできないケースもある。

同社では今回の問題を受け、有料サービスやポイント還元サービスなど一部利用者に対して、補填などを実施するとしおり、対象となる顧客には個別に連絡を取っている。

(Security NEXT - 2012/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
きらぼし銀行、合併初日に一時障害 - 「旧八千代銀行」のシステムで
サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ
不正アクセスはVPN経由、社内チャットで情報収集か - マイネット報告
「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」が3月末で終了
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
自動運転車のハッキング事故、盗難車事故と同じ - ただし「アップデート」の注意義務
障害者向け支援事業利用者の個人情報を紛失 - 国分寺市