Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カルピスのキャンペーン参加者9万5000人分の情報が流出 - 既定どおり破棄されず委託先から

飲料メーカー大手のカルピスは、2009年に実施したプレゼントキャンペーン参加者の個人情報9万5689人分が、約5カ月間にわたってインターネット上で閲覧可能となり、外部に流出したことを明らかにした。

業務委託先の従業員が、キャンペーンのデータを私用PCに許可なく保有。2012年2月3日にレンタルサーバへ保存したが、外部からアクセス可能で、検索エンジンにより検索できる状態だった。7月5日に外部から指摘があり問題が発覚、同日中にサーバから個人情報を削除した。

これまでの調査で、直近3カ月については、7月2日から5日までに87件のアクセスがあったという。流出したデータの不正利用などは、現時点で確認されていない。

問題のデータには、2009年8月から10月にかけて実施した「'09年秋のHAPPY REFRESHキャンペーン」の応募者5万4266人分の氏名、住所、電話番号、メールアドレスが含まれる。さらにキャンペーン登録者4万1423人分のメールアドレスも保存されていた。

カルピスによれば、これら情報はキャンペーン終了後3カ月以内に廃棄すると規定しており、2010年2月1日に、委託先から廃棄証明書を受け取っていたという。同社では、対象となる顧客に対して、経緯の説明や謝罪など対応を進めている。

(Security NEXT - 2012/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館
保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
一部商品購入者の個人情報が閲覧可能に - テニス関連サイト