Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カルピスのキャンペーン参加者9万5000人分の情報が流出 - 既定どおり破棄されず委託先から

飲料メーカー大手のカルピスは、2009年に実施したプレゼントキャンペーン参加者の個人情報9万5689人分が、約5カ月間にわたってインターネット上で閲覧可能となり、外部に流出したことを明らかにした。

業務委託先の従業員が、キャンペーンのデータを私用PCに許可なく保有。2012年2月3日にレンタルサーバへ保存したが、外部からアクセス可能で、検索エンジンにより検索できる状態だった。7月5日に外部から指摘があり問題が発覚、同日中にサーバから個人情報を削除した。

これまでの調査で、直近3カ月については、7月2日から5日までに87件のアクセスがあったという。流出したデータの不正利用などは、現時点で確認されていない。

問題のデータには、2009年8月から10月にかけて実施した「’09年秋のHAPPY REFRESHキャンペーン」の応募者5万4266人分の氏名、住所、電話番号、メールアドレスが含まれる。さらにキャンペーン登録者4万1423人分のメールアドレスも保存されていた。

カルピスによれば、これら情報はキャンペーン終了後3カ月以内に廃棄すると規定しており、2010年2月1日に、委託先から廃棄証明書を受け取っていたという。同社では、対象となる顧客に対して、経緯の説明や謝罪など対応を進めている。

(Security NEXT - 2012/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

入試情報サイトで個人情報が閲覧可能に - 京都精華大
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
音楽教室の顧客情報がネット上に流出 - 宮地楽器
人事採用管理システムのバックアップが外部から閲覧可能に - パーソルキャリア
仲介事業者情報へ外部からアクセス - 飯田産業
メルカリの他利用者情報の誤表示、複数条件揃う必要
職員採用試験で受験者本人以外の全受験票を誤交付 - 静岡県
メルカリで他利用者情報が閲覧可能に - CDNプロバイダ切替で
ピアノコンクールサイトで申込者の身分証明書など閲覧可能に - 河合楽器
似顔絵コンテスト応募者の個人情報が閲覧可能に - 山口街中