Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パナソニック、「秘文」組み込みタブレットを発売 - アンインストールリスクを排除

日立ソリューションズとパナソニックシステムネットワークスは、スマートデバイスにおけるセキュリティ対策で協業した。

パナソニックでは今回の協業により、日立ソリューションの「秘文 V10」のデータ暗号化ソフトウェア「秘文AE SmartDevice Encryption」を組み込んだAndroid搭載タブレット端末「BizPad」4機種を7月31日より提供する。

暗号化機能は、「秘文AE SDE」のライセンスを有効にすることで利用でき、内蔵メモリとmicroSDカード内のデータを保護する。またAndroidへ直接組み込むことでアンインストールされるリスクを排除した。

さらに日立ソリューションズの指静脈認証システム「静紋JS1」を組み合わせることが可能で、起動時やスリープから復帰する際に指静脈認証を利用できる。

端末は日立ソリューションズとパナソニックシステムソリューションズジャパンを通じて提供し、価格はオープン。秘文AE SmartDevice Encryptionの価格は3150円/ライセンス。

(Security NEXT - 2012/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC、顔認証機能をクラウドで提供 - 顔認証ソフトの強化も
DJI、ドローン操縦アプリにインターネット接続を停止するモード
JMAS、スマホ端末上にデータ残さない音声レコーダーアプリ
KDDI、法人向けMDMでスマホ用ウェブフィルタオプション
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
NTT東、企業向けにマルウェア対策の一元管理サービス
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
ニフティ、PCだけでなくIoT全般を保護する家庭向けサービス
マカフィー、コンシューマー向けセキュリティ製品の2017年版を発表
マイナンバーカードの画像をOCR認識、送信するライブラリ - 富士通BSC