Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECネクサ、PC管理ツール「LanScope Cat」のSaaS版を提供開始

NECネクサソリューションズは、SaaS型PC統合管理サービス「LanScope Cat for SaaS」を提供開始した。

同サービスは、エムオーテックスの「LanScope Cat」をSaaS形式で提供するPC管理ソリューション。IT資産やPCの操作ログ、デバイス情報の管理のほか、ウェブアクセスの監視なども可能。環境に応じて必要な機能を組み合わせて利用できる。端末間の通信は閉域型VPNを採用した。

月額利用料は、資産管理やネットワーク検知、ファイル配布、アプリケーション管理などの基本機能が利用できる「キャットベース」プランで、500円/ライセンスから。最小契約数は100ライセンスとなっている。同社では、今後5年間に1000社へ販売する計画。

(Security NEXT - 2012/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
NEC、歩きながら顔認証を可能にする入退管理ソリューション