Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BBSec、標的型攻撃対策に活用できるログ監視サービスを開始

ブロードバンドセキュリティ(BBSec)は、セキュリティ機器を対象としたログ監視サービス「Incident Log Monitoring Service(ILMS)」を提供開始した。

「ILMS」は、ファイアウォールやIPSなど、セキュリティデバイスや各種サーバのログを、統合ログ管理ツールに集約して相関分析を行い、通常とは異なるパケットの「ふるまい」をフルタイムで監視するサービス。標的型攻撃などの早期発見、遮断を実現する。

必要に応じてキャプチャしたパケットデータを分析に活用。同社データベースとのマッチングを行い、不正な接続を検知した場合は利用者へ通知し、ファイアウォールやIDSの設定により、悪意あるサイトやコマンド&コントロールサーバへの接続を遮断する。

料金は、ログの処理量や運用範囲によって異なるため個別見積もりで対応する。ファイアウォールとIDSを監視対象とした場合の参考価格は、月額費用が50万円から。初期費用やセキュリティデバイス費用、統合ログ管理ツール費用が別途必要。

(Security NEXT - 2012/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
標的型メール訓練や損害額試算サービスを無償提供 - MS&ADグループ
日立システムズ、制御システムに特化したセキュリティサービス
ファイア・アイ、アカデミック版を期間限定で提供
仕様書に沿ったサイバー攻撃対策のカスタマイズ演習コースを提供 - DNP
NTTコム、「WideAngle」のインシデント対応メニューを拡充
標的型攻撃の対応をゲームで学べる無料のオンライン教材