Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブルート、クラウド型エンドポイントソリューションを8月に発売 - 他社ソフトと共存可能

ウェブルートは、企業向けセキュリティソリューション「ウェブルートセキュアエニウェアビジネスエンドポイントプロテクション」を8月より提供する。

同製品は、クラウドベースの検知技術を採用したエンドポイント向けマルウェア対策ソリューション。Windows Serverや仮想環境もサポートしている。

ローカル環境に定義ファイルを保有しておらず、クラウド上の「ウェブルートインテリジェンスネットワーク(WIN)」を用いてファイルの安全性を確認するのが特徴。WINによりPC上の動作を監視、分析することでゼロデイ攻撃にも対応する。

他セキュリティ対策ソフトと共存させ、利用することが可能。オフライン利用時にはヒューリスティック検知により保護する。またエンドポイントをウェブベースの管理コンソールから集中管理できる。

同社では、製品の発売に先駆けて、7月中旬よりトライアルプログラムを提供開始する予定。

(Security NEXT - 2012/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も