Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェック・ポイント、標的型攻撃の対策機能を標準搭載したアプライアンス4機種を発売

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、セキュリティアプライアンスの新モデル「Check Point 4809」「同12209」「同12409」「同12609」を発表した。

今回発売する新モデルでは、組織内部のボット感染を検知する「Anti-Bot Software Blade」を標準で装備。あわせてウイルス対策を実現する「Antivirus Software Blade」を搭載した。いずれも同社のアップデートサービス「ThreatCloud」により、最新の脅威情報を自動的に反映する。

さらにネットワークを防御するIPSや不正サイトへのアクセスを遮断するURLフィルタリングなど標的型攻撃に対する多層防御を実現。またファイアウォールやVPN機能のほか、「Mobile Access」「Identity Awareness」「Advanced Networking」「Acceleration&Clustering」といった機能を標準で備えている。

(Security NEXT - 2012/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
クローズド環境で「Cylance」を利用するためのオプション2製品
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ジュニパー、SDSNプラットフォームにポリシー管理の自動化など追加
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit