Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、サーバ用セキュリティ対策製品の新バージョンを発売

エフセキュアは、企業のサーバ環境を保護するウイルス対策ソフト2製品の最新版をリリースした。

「エフセキュアアンチウイルスWindowsサーバ V9.2」は、Windows Server用のウイルス対策製品。リアルタイム保護機能に加え、ルートキット対策機能「エフセキュア ブラックライト」などを備えている。

一方「エフセキュアアンチウイルスMicrosoft Exchange V9.2」は、Microsoft Exchange用のセキュリティ対策製品で、送受信メッセージに対するリアルタイムスキャン機能や、スパム対策機能を提供している。

両製品の最新版では、クラウドベースのホワイトリストやブラックリストによる保護機能を搭載。オンデマンドスキャン機能を、より軽快に動作するよう改良した。またActive Directoryとシームレスに連携する「エフセキュアポリシーマネージャ」を用意しており、一元管理を実現している。

(Security NEXT - 2012/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷