Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBMとセコムが協業、総合的なセキュリティサービスを展開

日本IBM、セコム、セコムトラストシステムズの3社は、情報セキュリティ分野で提携すると発表した。

3社は今回の発表で広範な分野にわたり提携すると説明。日本IBMの「サイバーセキュリティ」分野におけるインテリジェンスと、セコムのオンサイトによる初動や現場対応といった「フィジカルセキュリティ」のノウハウを融合し、両社で分析システム基盤の共通化、サービス品質の向上などを目指す。

両者の強みを活かして、10月には総合的なセキュリティサービス「トータル・セキュアサービス(仮称)」を開始する予定。同サービスでは、IPSの提供を足がかりに、セキュリティ対策の企画立案、運用、異常発生時の初動対応、統計による定期的な見直しのサイクルをサポートする。

またサービス拠点「アドバンスト・セキュリティセンター」の設立や市場創出、販売協力体制による事業拡大に向けて検討を進めていく。

(Security NEXT - 2012/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
JSOLとBBSecが協業、クラウド導入とセキュ対策を提供
ASEAN地域の監視分野事業で英Assuriaと協業 - ラック
マクニカネットと東京電力パワーグリッド、制御システム向け対策で協業
イエラエとNDIAS、自動車のセキュリティ評価技術を共同開発
NECとFFRI、海外製品由来の問題に影響受けない製品を共同開発
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
トレンドマイクロとLuxoft、自動車のセキュリティ分野で協業
ラックとNEC Asia Pacificが協業 - 中堅中小向け監視サービスを展開