Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本社会福祉士会のサイトが改ざん - 閲覧でウイルス感染のおそれ

日本社会福祉士会のウェブサイトが改ざんされ、閲覧によりウイルスに感染する可能性があったことがわかった。

6月28日から7月2日18時40分にかけて改ざんが発生したもの。7月2日に同会会員より指摘を受け、翌3日にサーバを管理しているホスティング会社に問い合わせたところ、同社が管理する複数のサイトで被害が発生していたことが判明した。問い合わせた時点で改ざん部分はすでに修復されていたという。

同会では、期間中にサイトを閲覧した利用者に対して、最新のセキュリティ対策ソフトを用いてウイルススキャンを実行し、必要に応じて駆除を行うようアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2012/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
仮想通貨発掘スクリプトを多数検出 - 難読化や偽装による検出逃れも
2017年4Q、インシデント微減するも制御システム関連の増加目立つ
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
中小企業の6.2%がサイバー攻撃を経験 - 標的型攻撃が最多、ランサムも
2017年1Qのインシデントは4856件 - サイト改ざんが41%増
4社に3社が過去1年間にインシデントを認知 - 標的型攻撃は8社に1社
ECサイトの約半数が1年以内にサイバー攻撃を経験 - 7割で被害
「RIG EK」による感染被害が急増 - 警察が約300の踏み台サイトに指導