Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェック・ポイント、多層防御を実現したDDoS攻撃対策製品を発売

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、DDoS攻撃対策製品「DDoS Protectorアプライアンス」を発売した。

120706cp_01.jpg
DDoS Protectorアプライアンス

同製品は、組織のゲートウェイより前に配置し、メインのセキュリティゲートウェイへ到達する前にトラフィックを排除するDDoS攻撃に特化した対策製品。Radwareと共同で開発した。

ネットワークやサーバに対するフラッド攻撃や、アプリケーション層へのDoS攻撃など、主要なDDoS攻撃へ対応。7種類のモデルをラインナップしており、最大12Gbpsのスループットを実現している。

事前に定義したフィルタで防御する「DoSシールド」やブラックリストを利用したブロックのほか、振る舞い分析に基づく防御に対応。アプリケーションやDNSに対する攻撃の保護機能も備えるなど、多層的な防御を実現している。

(Security NEXT - 2012/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

9月のDDoS攻撃、前月からやや減少 - DNSリフレクション攻撃など確認
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に
【特別企画】突如企業を襲うサイバー攻撃、被害低減のポイントを名和氏が解説
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
宮城県図書館サイトにDDoS攻撃 - 特定国より認証ページに大量アクセス
7月中旬より「memcached」利用したDDoS攻撃を多数検知 - 夜間から早朝にかけて発生