Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む帳票を委託業者が誤って廃棄文書に混入 - 新生銀

新生銀行において、文書保管を委託している業者の手違いにより、顧客の帳票を保存箱ごと誤って廃棄文書とともに処分していたことがわかった。

誤廃棄されたのは、2000年10月から12月の間に作成された個人顧客向けの定期預金受入票。顧客の氏名、口座番号、定期預金設定金額などが記載されていた。件数については300件程度と見られているが、顧客の特定はできていない。

札幌支店において5月18日に、文書の保管を委託している倉庫業者が、積み下ろし作業中に文書箱1箱を誤って他社の廃棄文書箱に混入させたことから、翌日廃棄業者に引き渡し、処分された。5月分の倉庫入出庫明細で入庫数と出庫数に差異があり、作業を監視するカメラの映像から混入していたことが判明したという。

文書は廃棄されたため、外部流出の可能性は低いとしており、対象となる顧客の定期預金についても影響ないと説明している。

(Security NEXT - 2012/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー
行政文書を誤廃棄、流出は否定 - 平塚市
印影など含む伝票綴りが所在わからず- 鳥取銀
取引情報含むATM記録紙が所在不明 - 筑波銀
調剤薬局で処方箋が所在不明に - マックスバリュ中部
統計調査員証を紛失、偽調査に注意呼びかけ - 市原市
取引情報4.1万件含むATM記録紙が段ボール箱ごと所在不明に - 豊和銀