Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「QuickTime」の既知の脆弱性に注意 - 攻撃コード出回り、容易に悪用可能

NTTデータ先端技術は、Appleが提供するマルチメディアソフト「QuickTime」のWindows版に存在する脆弱性「CVE-2012-0663」について検証レポートを取りまとめた。

今回同社が検証したのは、「QuickTime」において、ムービー内で表示するテキストのスタイル定義に用いる「TeXMLファイル」の処理に存在する脆弱性。入力データを検証しておらず、悪用されると任意でコードを実行されるおそれがある。Appleでは、5月15日に脆弱性を修正した「QuickTime 7.7.2」を公開している。

問題の脆弱性は、メディアファイルを読み込ませるよう細工したウェブサイトに誘導する攻撃や、メールの添付ファイルによる攻撃に利用が可能。NTTデータ先端技術が実施した検証においても、リモートよりシステムを制御できることが確認された。

同社は、攻撃コードを容易に入手でき、脆弱性に対する攻撃も難易度は低いと指摘。一方で攻撃を受けた際のダメージは大きいとして、アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性