Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「QuickTime」の既知の脆弱性に注意 - 攻撃コード出回り、容易に悪用可能

NTTデータ先端技術は、Appleが提供するマルチメディアソフト「QuickTime」のWindows版に存在する脆弱性「CVE-2012-0663」について検証レポートを取りまとめた。

今回同社が検証したのは、「QuickTime」において、ムービー内で表示するテキストのスタイル定義に用いる「TeXMLファイル」の処理に存在する脆弱性。入力データを検証しておらず、悪用されると任意でコードを実行されるおそれがある。Appleでは、5月15日に脆弱性を修正した「QuickTime 7.7.2」を公開している。

問題の脆弱性は、メディアファイルを読み込ませるよう細工したウェブサイトに誘導する攻撃や、メールの添付ファイルによる攻撃に利用が可能。NTTデータ先端技術が実施した検証においても、リモートよりシステムを制御できることが確認された。

同社は、攻撃コードを容易に入手でき、脆弱性に対する攻撃も難易度は低いと指摘。一方で攻撃を受けた際のダメージは大きいとして、アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性